FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.11.20(木)

煙突屋 今年の冬一押しは着物リメイク商品!!

DSCF8802.jpg

 煙突屋の一番人気はもちろん陶器類ですが、意外と人気があるのは着物リメイクの洋服です。腕のいい専属の洋裁士による手づくり一点物で他のどこにもない逸品ばかり。
 しかもリクエストすれば、スカーフ、ベスト、チュニック、スーツ、アロハシャツにいたるまでどんなものでも作ることができます。もちろん古くなってしまった服の手直しや補修もお任せください。

 お店で声をかけていただくか、お気軽にお電話ください。

DSCF8803.jpg
DSCF8804.jpg
DSCF8805.jpg
DSCF8806.jpg
スポンサーサイト
スレッドテーマ:着物・和風小物 ジャンル:ファッション・ブランド
コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.14(金)

煙突屋のオリジナル煙突香炉は手づくり一点もの!!!

DSCF8799.jpg

 煙突屋名物の煙突香炉は常滑焼作家さんの手づくり一点ものです。というか何を隠そう作ってるのはここのblog管理人であり、今文章を書いている私、日々オモチノ介であります。

 1枚目の写真は煙突屋のあらたなシンボル的存在になりつつある、特大煙突オブジェです。非売品ですがどうしてもという方には500万円でお譲りします(笑

DSCF88000.jpg

 2,3枚目の写真は煙突屋名物、煙突香炉やミニ煙突です。使い方は自由、香炉として使っても良し、電球を入れて雰囲気のある照明にするも良し、ご自由にお楽しみいただけます。ただし一点一点手づくりで仕上げてますので値段は少々いっちゃいますよ。
 写真はクリックすると大きくご覧いただけますので、ぜひクリックしてじっくりご覧ください。

DSCF8801.jpg

 ここで、ブログを読んでいただいてる皆さんだけに特別に作り方をお教えいたします。

 と言っても、作り方はいたって簡単、技術も経験も何も要りません。必要なのは忍耐のみ。小さなレンガがひたすらつくり、積み上げていくだけなんですから!
 そのかわり猛烈に腰に来るよ。半日やってたら立てなくなりますからね。

 ただし焼くのが難しい。とくに大きいのになると場所をとっちゃってね。つまり簡単なのは成形だけです。今回は知り合いの作家さんに焼いてもらいましたが「次はかんべんしてくれ」と言われちゃいました(笑
スレッドテーマ:陶磁器、陶芸、作陶、焼成 ジャンル:趣味・実用
コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.14(金)

常滑焼のインク瓶 MARUZEN

DSCF8797.jpg

DSCF798.jpg
 古いインク瓶です。むかしは常滑焼、つまり陶器だったんですね。食塩釉で注ぎ口みたいになってるのが特徴です。大きさは30cmくらいかな。
 ちゃんとMARUZENのマーク入りです。インキ瓶(常滑ラボ さん)によりますと、これは昭和初期にすでに生産を中止されたモデルだそうです、いやあ、貴重なものが手に入ったなあ。でもちょっとヒビが入ってるのが難点かな。
スレッドテーマ:陶磁器、陶芸、作陶、焼成 ジャンル:趣味・実用
コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.13(木)

ナルミ、ノリタケ、オールド磁器たくさん入荷

DSCF8793.jpg
DSCF8792.jpg
DSCF8791.jpg


 店長の趣味で置いてるようなところもあるオールド磁器、おかげさまでそれを目当てで来てくださるお客様も増えつつある今日このごろです。そこでこのたびナルミ、ノリタケなどのオールド磁器をたくさん入荷いたしましたのでお知らせいたします。
 今後さらに店頭スペースを拡大をしていく予定ですので、お好きな方はぜひ見に来てくださいね。
コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.13(木)

常滑焼のかめ、水甕、漬物など 大売出し中

DSCF8787.jpg
 陶製漬物容器メーカーで有名な久松製の甕32号

DSCF8788.jpg
DSCF8789.jpg

 常滑焼の甕(かめ)をたくさん入荷いたしました。古いものでは50年以上前のものもあります。庭に置いてめだかを飼うもよし。傘立てにするもよし。工夫次第で自由に楽しめます。
 今は中国製やその他アジア製のお安いものがたくさん入ってきてますが、やっぱり本物の常滑焼の甕はとっても雰囲気がありますよ。

コメント 2件トラックバック 0件
2008.11.11(火)

常滑 骨董品、リサイクル品、古物買取のお知らせ


 常滑市内、あるいはその近郊で家をリフォームする、
片付けたい、解体される、引越しされる等の理由で
不用品を処分したい方、ぜひお手伝いさせてください。
以下のものを中心に買取させていただいます。

・焼き物(陶器類)
常滑焼のもの全般、古い甕(かめ)、たぬき、茶碗、
花瓶、朱泥急須、湯のみ、ぐい呑、鉢、傘立て

・家具・電化製品
飾り棚、本棚、ついたて、ショーケース、古民具、
テレビ、電話、扇風機など(昭和レトロな電化製品に限る)

・書籍
古い漫画、古い雑誌、古いカタログ、陶芸・美術関係

・玩具・ゲーム
古いゲーム機、古いパソコン、古い玩具(オモチャ)
アーケード筐体、駄菓子屋のゲーム機、新幹線ゲーム等

・その他
骨董品、記念品、珍品


何はともあれ気軽にお電話ください。
「買取の件」と言っていただければけっこうです。
よろこんで引き取りに伺います。

 0569-35-0260  (煙突屋 杉江)


古物商認可番号 第542790600300号

コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.07(金)

常滑の朱泥はお茶に適さない?というような内容のブログを発見

 気になるブログを発見しました。

 高級茶ブランドの設立:常滑朱泥に落胆

 しかもかなりページランクが高くて「朱泥」で検索すると上位に出てきます。
 いろんな意味でショックですね。常山さんので試して駄目だったらこの方の中で常滑は駄目だということになるそうです。どうなっちゃうんでしょうか・・・

 どうにも気になって無名異焼のことを調べてみました。するとさらに気になることを発見。インターネット百科事典の記事、無名異焼 - Wikipediaのなかに

>なお、無名異焼は佐渡以外にも常滑、石見などで焼かれている。

 とあります。はて、常滑で無名異焼とはいかに。無名異の土って持ち出し禁止だという話だけど・・・(ソース1:親子5人3世帯:趣味の世界、ソース2:★ChinaTea★DRINK!DRINK!DRINK! :茶器で気になること~其の二

 調べを進めていくうちにこんなページ(佐渡セイデン:江戸時代に薬とされた無名異土)を発見。そこに以下のような文章があった。

>無名異焼以外での持ち出しも禁止

 なるほどつまり逆に言えば、もし持ち出すことができても無名異焼と名乗れば良しということかな。常滑で無名異の土で焼いてるひとがいるということですね。いずれにしてもネットに書かれていることが100%じゃありませんからあとは自分の足で調べるしかありません。
 
 今回はいろいろ勉強になりました。ではまた。


コメント 2件トラックバック 0件
Rina's

 知多市南粕谷にある注文販売専門の小さなケーキ屋さんです。
 Rina's

 
ブログ内検索

 
コンテンツ一覧

好きな項目を選んでクリック!

 
最新トラックバック

 
ランキングサイト
FC2カウンター

 
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

 
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

 
QRコード

QRコード

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。